ハロー薬局グループについて 店舗紹介 研修制度 スタッフからのメッセージ 採用情報 お問い合わせ
管理職会議
医薬品安全管理と医薬品安全使用のための研修

2018年4月30日

管理職会議演題
議題 2018年調剤報酬改定後の課題の抽出と解決


研修進行次第
1. 新入社員紹介
2. 社内近況と調剤報酬改定 鈴木社長
3. 調剤過誤報告書の分析とまとめ 安全管理責任者 堀内部長
4. 情報交換 2018年調剤報酬改定を受けて
■仕事はどう変えるべきか、何を学ぶべきか 堀内
■2018年診療報酬改定と薬歴記載 木村
5. 閉会 早水CO





管理職会議演題  議題 2018年調剤報酬改定後の課題の抽出と解決
店舗責任者を中心とする管理職会議では、本年度の調剤報酬改定の課題について話し合いました。今回の改定の最も大きな話題は、「手帳持参率の低い薬局の減算」と「新しく設定された地域支援体制加算」です。また、前回改定に引き続きかかりつけ薬局やかかりつけ薬剤師の機能強化も重要なテーマとなっています。

手帳については、持参率低下により減算されるから慌てて手帳持参を呼びかけるというのでは本末転倒であり、基本に立ち返り手帳の重要性を患者に理解してもらい、薬剤師も手帳を使った仕事を行っていくことが何より重要です。会議では都内の店舗の店長が患者層と手帳持参率の分析を行い、サラリーマン層に著しい手帳持参率の低下が見られることを発表いたしました。またスマートフォン用の手帳アプリを導入した店舗より導入方法や導入による持参率向上の効果が発表されました。

かかりつけ薬剤師、地域支援体制加算についても手帳と同様に、加算を取るためや収益維持のためと考えるのではなく、より患者さんのためになる仕事として捉え積極的に取り組んでいくことが重要です。会議では内科と皮膚科の処方箋を数多く応需している店舗よりかかりつけ業務への取り組み紹介や問題提起がされました。内科の店舗ではかかりつけ業務の周知のためのお薬手帳の利用方法や、本当にかかりつけ業務が必要な患者さんのピックアップ、通常業務への影響や情報共有の重要性など説明がありました。皮膚科の店舗からは皮膚科としてかかりつけ患者を増やすまでの試行錯誤が発表されました。

地域支援体制加算については、地域の患者さんに寄り添うという当社のコンセプトにあった加算であり、会社として人と物の補充といった体制の整備を図っていく方針ですので、各店が地域支援のどの条件をクリアできていないのかを話し合いました。薬剤師の人員や応需する処方箋の種類などから画一的に全店が地域支援の条件を満たすのは難しいところですが、これからの薬局の職責として重要な事ですので積極的に取り組んでいかねばなりません。
医薬品安全管理と医薬品安全使用のための研修
新入社員紹介
今年も新卒社員を含む沢山の新入社員を迎えることができました。新天地で頑張ろうとするそのエネルギーによって現場も益々活力に満ち、業務に取り組んでいけることと思います。


社内近況と調剤報酬改定  鈴木社長
弊社の近況といたしまして3月に本社(立石メディカルプラザ)が完成しました、それに伴い4月に本社を移転いたしました。また、数店舗の新店立ち上げや改装を控えております。
調剤過誤報告書の分析とまとめ  安全管理責任者 堀内部長
調剤過誤につきましては患者さんに対して重大な過誤をおこさないよう対策をとり、それを逐次最適化していくのは当然ですが、従業員を重大過誤から守るというのも弊社の基本的な考え方でもあります。

ヒヤリハット事例が生じたときの状況とその対策を半年前から安全管理責任者に随時報告するように取り決めました。ヒヤリハット事例を深く考察することはその先に繋がる重大調剤過誤を未然に防ぐためにとても重要であります。
情報交換 2018年調剤報酬改定を受けて
(1)仕事はどう変えるべきか、何を学ぶべきか 堀内
管理職会議でも話し合いましたが、今回の調剤報酬改定につきまして一般社員とも情報を共有いたしました。今回の改定はこれからの時代の薬剤師に必要な能力を明確にしたものであると言えます。一昔前までは、素早く間違いの無い調剤を行うことが薬剤師の能力評価の中心でしたが、今の時代は、情報収集能力、高いレベルの投薬技術、薬歴記載能力などが必要な条件になっています。一般社員の方にはこれからの時代に必要な能力を身につけて頂きたいですし、会社としてもそれをフォローするつもりです。

2年毎の調剤報酬改定では大きく私たちの業務内容も変わる部分もでてきますが、患者さんにハロー薬局を利用して良かったと思って頂けるようにするにはどうすれば良いのかを薬剤師に限らず全スタッフが常に考えながら業務を行い、患者さんにとってのよりよいサービスを提供していく、そういう姿勢を持っていれば何の問題もないはずです。
(2)2018年診療報酬改定と薬歴記載 木村
当社では、店舗間の薬歴記入ルールの違いに起因する人員移動の際のトラブルや、ヘルプ人員による重要情報の読み間違いなどの問題が発生しないよう、薬歴ルールを出来るだけ統一し内容を充実させる取組みを行っています。今回の研修でも今回の改定を受けて「患者の生活像の記載」「服薬情報提供」「外来服薬支援」など患者寄りの情報を具体的にどう記載するか発表を行いました。



会議・研修後には懇親会を行いました。沢山の新入社員も緊張が解け、お互いに親睦を深め合いました。

文責 石井 啓之・堀内 貴

ハロー薬局 学芸大学店 鈴木祐希
2018年4月30日の医療安全会議に参加し、医療制度改定に伴い薬剤師業務を変化させていく事の重要性を学びました。

2018年1月に入社して薬剤師業務に従事してから4ヶ月が経ちましたが、今までは調剤報酬改定について強く意識したことはありませんでした。しかし今回の研修を通して、調剤報酬は変化していて、それに併せて薬剤師業務も大きく変えていかなければならないと改めて気づくことが出来ました。その中でも地域支援体制加算やお薬手帳の持参率などの変更から、薬剤師は調剤業務よりも投薬業務に力を入れる必要があることが分かりました。そのため調剤業務は勿論でありますが、投薬業務に力を入れ患者さん中心に考えられる薬剤師が求められていると感じました。

今後も医療制度も大きく変化していき、薬剤師としても変化していかなければならないことが多くあると思います。ハロー薬局では良い意味で自由で、何事にも挑戦する事が出来る環境が整っているため、これからの変化にも柔軟に対応できる薬剤師に成長していきたいです。
ハロー薬局 学芸大学店 事務 三宗淑子
4月の調剤報酬改定に伴い、学芸大学店の課題のひとつに『改めてお薬手帳の重要性を理解して頂く』という事があげられます。

私達の店舗は、初めて来局される方や、若い患者様が非常に多い店舗です。スマートフォンで医療機関を検索し、初めての病院や薬局を探して駆け込んで来られる、とにかく、時間に追われている方がとても多いと感じます。
事務の対応も、患者様の状況に応じて、手帳持参の確認と作成のご案内を簡潔にしてきました。

しかし、この良かれと思っていた「スピード優先の対応」は、継続してハロー薬局を利用して頂くチャンスを逃す原因となっていたのかも知れません。

検索する必要なく「ハロー薬局を思い出して頂く」にはどうしたらよいか、患者様との短い時間の中で「お薬手帳を持って頂く重性要をどう伝えるか」を考えました。

お時間がない方、お薬手帳を持たない方の中には、記憶を頼りにアンケートを記入し、服用している薬の名前が思い出せないと心配される方や、初めての病院からの処方箋に、服用を伝えたはずの薬が一般名で記載されているために不安になられる方がいらっしゃいます。こうした心配が、手帳を使う事で解消される事をお伝えすると、とても納得して下さいます。また、小さなお子様の処方変更で、親御さんに待ち時間をお伝えする際に、保険証や医療証も入る手帳カバーを付けてお勧めさせて頂きます。
作って差し上げたばかりの真新しいお薬手帳を、持参して下さった時は、本当に嬉しくなります。そして、まだまだ出来る事があると思えます。

開局からの5年間で、業務は迅速に運べる様になりました。しかし、気づかないうちに、大切な事も抜け落ちていたのかも知れません。

今回、会議でも言われていたように、『患者様の役に立つ、患者様が笑顔になることを最優先に行動する』を常に頭に置き、 「もし私が患者様なら、今どうしてもらうと嬉しいか、再来局へ繋がる対応とは何か」 を考えながら、事務一人一人の意識を向上させ、患者様に満足して頂ける、質の高いサービスを提供できるよう切磋琢磨して参りたいと思います。